3017年からやってきたケントロイド(健人+アンドロイド)がケンティーガールズ(ファン)を守るためにさまざまなMissionを遂行していく、というのが今年の中島健人くんのソロコンサート『Mission:K』のテーマでした。1年目はカレシとカノジョ、2年目はバタフライとハニー、そして3年目は未来人と現代人。関係性が年々遠くなっているのが面白いような、なんだか少し寂しいような気もするけど、いつだってファンを楽しませることがモットーなのには変わりはない。
1年目と2年目は残念ながら落選したため、私は今年初めて健人くんのソロコンに行きました。公演名を明かされる前は、今年もスウィートなコンサートなのかなと勝手に想像していました。だけど雑誌で「今年のソロコンのテーマは男らしさ・ナメんな世界です*1」と言っていて、今年はかっこいい系で攻めるんだ、と思いました。かっこいい健人くんももちろん好きだけど、私はかわいくてスウィートなザ・アイドルな健人くんが好きだから、正直あまり喜べなかったです。さらにバックにSnow Manが付くことがわかり、本当にかっこいい系でやるんだな~かわいい健人くんは見られないのかな~なんて思ってしまいました。でも行けるだけ嬉しいし、どんな健人くんでも受け止めようっていう気持ちで行きました。
でも行ってみたら、私、何を心配していたのだろう?ってなって、すっごく健人くんがかわいかったんです。私の好きなザ・アイドルな健人くんがTDCにいて嬉しかった。特にCANDYとカレカノのときは、ひたすらに健人くんがかわいくて、私はずっと「かわいい~~~かわいい~~~!」って言っていました。私、今回はかっこいい系の曲だけで攻めると思っていて、かわいい系のスウィートソングであるCANDYとカレカノは歌わないんじゃないかと思っていたんです。だからこの2曲がセトリに入っているのを知ったときは、思わずガッツポーズしました。歌ってくれてありがとう。
MCのときも、年上のSnow Manに甘やかされていてにこにこしていて、またこの健人くんもかわいかった。Snow Manだとかわいい健人くんが引き出せないと思っていたのに(ごめんなさい)、全然そんなことなくて、むしろ引き出しすぎてお礼を言いたいくらいで。この場を借りて言わせてください。ありがとうございました、Snow Man!!

曲順めちゃくちゃだけど、ディアハイの話。ディアハイは好きな曲だから、余計にあの演出がメンタルをえぐられました。演出というのは、ファン1人が選ばれてステージ近くに行って、そのファンの人に健人くんが至近距離で歌うというやつなんですけども、私ずっと「無理!!いやあああああ・・・!!!」と小声で言っていました。兄と同行したんですけど、隣で兄は「あははwwすげえwww」と笑ってました。いやいや笑えないよ!!しかも選ばれたファンの方が私の席から見えるところにいらっしゃって、選ばれているのをはっきり見てしまって・・・余計にしんどかったです。健人くんにリア恋とか本気愛しているわけじゃないけど、あれはメンタルやられます。みなさん、自担が自分ではない1人のファンに向かって至近距離で歌っているのを想像してみてください。メンタルえぐられませんか?

気を取り直して、次。いろんな曲飛ばしていますが、合唱曲のBelieveの話。あんなにかっこよくBelieveを歌えるのって、世界のどこを探しても健人くんだけだと思う。Believeは私が小学校1年生の時に初めて歌った合唱曲で、そのときは何も考えずただ歌っていただけでした。だけど小学校5年生のときに改めて歌う機会があって、そこで初めて歌詞の意味や良さに気が付いたのです。それからこのBelieveが一番好きな合唱曲になりました。Believeで好きな歌詞は「たとえば君が傷ついて くじけそうになった時は かならずぼくがそばにいて ささえてあげるよその肩を」。この歌詞を、健人くんが歌ってくれたのです。すっごく優しい顔をして歌っていたんです。その姿を見たら私泣けてきちゃって、なんだか生きていて良かったって思えました(重)。これDVD入ってなかったら、別の意味で泣くから私・・・!V6兄さんがカバーで歌っているそうなので、大丈夫かと思いますが。

まだ書きたいことあるんですけど、私この記事書き始めてもう5日経っているのでそろそろ書き終えたいんですよ(知らんがな)。なので、また別の機会に書きます。

曲ではなくて健人のエンディングの挨拶について触れたいと思います。健人くんは運命について話してくれて「運命は迎え入れるものではなく、創造するもの」と言っていました。私はそれを聞いて、今までの自分を振り返りました。私、ずっと運命という言葉にしがみついていたなあって。
私は小学生の時から人に悪口を言われる側にいて、それを自分の人生の運命なんだと思っていました。運命じゃなくて、私に問題があるのかもしれない。でも私には友達がいないから誰かを傷つけることもなくて、恨まれるようなことをした覚えはないんです。だから悪口を言われることは運命だから仕方がないんだと、そう思いながら生きていました。それだけじゃなくて、自分の周りに起こることすべてを運命だと思っていました。
だけど健人のその言葉を聞いたら、悪口を言われることを勝手に運命だと思い込んでいただけなのかもしれないって思えたんです。運命は誰かに与えられるものじゃない、自分で創造するんだと。
でも、悪口を言われることは自分の創造した運命じゃないと言い聞かせても、私はこれからも悪口は言われ続けるだろう。だからその状況を変えるために、私は自分の運命を創造します。バッドエンドな運命じゃなくて、ハッピーエンドな運命を自分で創造します。
私、結構勝手に健人くんの言葉に救われること多いんですけど、また救われました。なんかね、健人くんのいう言葉ってどれも重みがあるんです。それはきっと、健人くん自身が経験していることを伝えているから。

健人くん・・・いや、ケントロイドはいろんなことを教えてくれました。運命は自分で創造するものということもそうだし、周りの大切な人に感謝の気持ちを伝えることの大切さ、言葉は武器にもなるしバラにもなるということ。そして、人生は1本の木のようなものであって、必ずどこかで健人くんと出会えているということ。もしかしたら、カフェで店員と客という関係で健人くんと出会えていたかもしれない。私がフラペチーノを買って健人くんがカップにメッセージを書いてくれたかもしれない。その出会いも素敵だけど、私はアイドルとファンとして健人くんに出会えたことが一番幸せです。アイドルになってくれてありがとう。

今回初めて健人くんのソロコンに行って、またさらに健人くんのことが好きになりました。もう一生、こんな素敵なアイドルには出会えない。心の底からそれが言えます。私、中島健人くんが大好きです。


最高の夏をありがとう。

*1:QLAP!7月号より